宇都宮で不動産業に就いている友人によると、家賃収入です。入居者を確保できれば毎月必ず収入があります。怪我や病気などで仕事を辞めなければならなくなったとしても、毎月家賃が入れば安心です。また定年後に投資用の不動産を所有していると、家賃で年金を補うこともできます。まとまった資金が必要になった場合には、売却することも可能です。

 

マンションやアパートを購入する場合には、立地条件に注意が必要になります。なるべくマンションやアパートに対する需要が多い地域を選ぶことが重要です。例えば学生が多い大学の近くでアパート経営を行えば、高い入居率を安定的に維持することができます。投資用の不動産を購入するには、ローンを活用するのが一般的です。ローンは不動産を担保とするため、資金が少ない状態でも利用することができます。返済は毎月の家賃で賄い、定年までに完済するのが理想的です。定年までに完済してしまえば、余裕を持って老後の生活を送ることができます。